読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エル子の独り言

恋愛のこととか、まわりの人のこととかうだうだと

歴史を知るということは人間を知るということ…?

おはようございますエル子です。

 

出社一発目の目覚まし的な感じで書いてます。

 

 

タイトルが今日はちょっと賢そう。(笑)

 

歴史

 

ね。これね。

 

別に「応仁の乱はあいつとあいつが戦ったんだよ場所はどこだよ西暦何年だよ」

 

なんてことはほんとにどうでもいいんですよ。

 

 

そうじゃなくて、

「この人なんでこんなことしたの?」

「このときなんでこんなもの流行ったの?」

ってことを知ることは人間を知るってことなんじゃないかなって思うんですね。

 

DNAに刻まれているレベルでの

人間の性。

 

 

なんでこんなこと思ったかと言うと

うちの会社の人はなんでこんな争いたがるんだ

って考えたことがきっかけです。

 

 

営業成績が~とかね。そういうので争うのはわかります。

けど、こんな小さな会社での狭い狭い部屋の中で

他部署の全然関係ない人が

すっごくどうでもいいことで文句を言われる。

しかもその文句もビシッと言うならまだしも陰口…

それがおっきくおっきく広がってしまう…

女子中学生じゃないんだから!(笑)

 

そんなこと、したりされたり

どっちもうんざりしませんか?

日々平和に生きればよくないですか?

 

こう考えるのが当たり前だと思っていたんですが

どうやらそうじゃない人のが多いって気づきました最近。

 

じゃあなんで人間足の引っ張り合いをしちゃうの?

って話を、とある人とした結果…

 

弱肉強食の世界を生きてきた人間のDNAなんじゃないの?

みたいなところに行き着いたという。

 

話飛躍しすぎ…!

 

でもそうなってくると

「じゃあ仕方ないんじゃないの」って思うしかないですよね。

 

「男は浮気する生き物」とか

「女はすぐ感情的になる」とか

そんなのDNAで組み込まれてたから仕方ないじゃんって言われれば

なんだかすーっと入ってくる。

 

だってもう私の力で変えようがないから!!!

 

要するに上手に諦めることができるんですね。

 

 

逆に、歴史の勉強をしている受験生にもこのことを教えてあげたい。

「歴史は最高のヒューマンドラマだよ」って

言葉、服装なんかが違うだけで

DNAは変わりません。受け継がれています。

 

すっごい規模の大きなひとつのドラマだとしてみると面白くないですか??

 

 

私は大学受験の時必死に歴史を勉強しましたが

今となってはすっかり忘れてしまいました。

が、そんな私がどうしても忘れられない話が

宇佐八幡宮神託事件です。

 

…昔々あるところに孝謙ちゃんという偉い女の人(上皇)がいまして

とある坊さんだった道鏡くんと出会い

まあそれはそれはあーんなことやこーんなこと

盛り上がった挙句メロメロになってしまいます。

 

道鏡~あたしがあなたをNo.1にしてあげるからあ~」

「おう、よろしく。愛してるよ孝謙。」

的なノリで孝謙ちゃんはどうにか道鏡

No.1ホスト 権力者にしたいと考えます。

 

ドンペリ頼むわけにもいかないもんで

「そうだ!神様の力借りちゃお!」と思いつき

宇佐八幡宮の神様が~なんか道鏡天皇になるのがいいって言ってた!きゃぴ!」

なんて嘘をつきます。

 

いやいやいやおいおいおい

と、思った和気清麻呂さんというまともな人間が

「それはちょっと無理ありすぎ(笑)必死すぎ(笑)」とつっこむと

(正しくは、「神様話せないし、俺作文にしてきてもらったけどそんなこと書いてねえわ」と言って嘘を暴こうとしたらしいです)

孝謙ちゃんは顔を真っ赤にして

「は?清麻呂まじうざいんだけどきっしょ!

だいたい清麻呂ってなんだし、お前汚いし、今日から穢(きたな)麻呂な!

あーまじうざいわどっか行ってほんとうざ!うざ!」とガン切れ。

清麻呂さん、別部穢麻呂という名前にされた上に追放されてしまいます。

かわいそう。

 

この事件がなんせ衝撃的でして。

5年以上経った今でも忘れられません(細かい設定は忘れちゃったけど)

 

だってこれ現代でもこういうことあるよね?(笑)

 

自分の好きな人のためならなんでもしちゃう!って盲目な人。

盲目がいきすぎてとんでもないことしちゃう人。

自分のついた嘘がバレた瞬間顔真っ赤にして逆切れする人。

 

こんな風に考えるとちょっとお勉強楽しくなりますよね。

受験生頑張ってください(まだあと1年もあるけど)

 

もう受験が終わった皆さんは

何かにつまづいたとき、是非歴史を学んでみてはいかがでしょうか。

別に誰と誰が戦ったとかはどうでもよくて、

女って太古からこういう習性があるんだな~とかね。

 

解決できない問題を

すーっと受け入れることができるとちょっと楽になります。

 

 

今日はこんなところで。